綺麗のはじまり。それは、食への”こだわり”から。Yuko

鍋の野菜

1月の料理教室

今月のお料理教室の一品の材料。
寒い1月は体が温まるお鍋と、お正月の余った数の子を使った一品などのレシピです。

お鍋の野菜、少しづつ余ることありますよね。白菜ちょっと、菊名ちょこっと、えのきや椎茸も中途半端な量だったり。
で、全部一緒にポリ袋に入れて「野菜炒めに使おう」と野菜室にポン。
でも、使いにくいだけ。お肉や野菜の水分が残っていたり、使いたい野菜を取り出すのがめんどうだったりで結局グチャグチャになってゴミ箱行き。
そんな経験あるでしょ。

こうして具材を別々にお皿に盛ると、お肉や魚介の汁が付くこともなく余った野菜をわざわざ分ける手間も省け、簡単に個々保存ができ使いたい野菜だけまたサッと使えるの。
それに、なによりだんだん崩れてグチャグチャになっていく大皿を目の前にしながらお食事をしなくてすむでしょ。
この冬、一度試してみてください。

このお料理、新しいクラスの方のレシピです。
もう習われた方、思い出されましたか? レシピを探して是非作ってくださいね!

2011年1月12日 水曜日

コメントをどうぞ