綺麗のはじまり。それは、食への”こだわり”から。Yuko

レイコ姉

横野レイコ

私には姉のような友人が3人いる。
その中の一人「横野レイコ」さん。 相撲をこよなく愛しているフジテレビの朝の情報番組「とくダネ!」の相撲リポーター。

私の悩みや愚痴を聞いてくれるのですが、さすが上手にポイントだけを聞き出しチクチクと痛いところをつき本音を言って私をイジメて喜んでいる優しいお姉さんです。

そのレイコ姉が「朝青龍との3000日戦争」という本を出しました。

私は朝青龍とレイコ姉とのバトルが好きだった。

レイコ姉の問いかけに何度もムッっとする朝青龍をテレビで見てはハラハラし、恐怖で凍りついた男性軍の記者の前に出て誰も聞けない事を何度も聞くレイコ姉を尊敬していました。

「くそババァ!」と怒鳴られても、にらまれても食いつくレイコ姉。「さすがにへこんだ・・・」と落ち込んでいた彼女でしたが、また次の日も「横綱としての品格が問われていますが・・・」と一番前でマイクを向けている姿を見て、自ら憎まれ役になり朝青龍を世間の批判から守っているのでは・・・と感じました。

きっと、そんな事が書かれているのでは・・・と楽しみです。

文藝春秋より全国書店にて好評販売中!

2011年1月17日 月曜日

コメントをどうぞ