綺麗のはじまり。それは、食への”こだわり”から。Yuko

心に残る日・・・

S & M Wedding Party
 
昨日友人の結婚式があり東京からいらした皆が「東京と街の温度差がかなりある」と言っていた。
新郎新婦は家族皆で中止にするか話し合った結果、こんな時だからこそと中止することなく皆で祝福することができた。
 
披露宴は「今日ここにいる皆様で被災された方々を想っていただければ嬉しいです」という新郎の挨拶から始まり、
心のこもった温かい時間だった。
もちろん着席の大きな披露宴。でも、立席パーティーのように皆が移動しあちらこちらで会話を楽しみ、
日本の披露宴にある「たくさんのお約束セレモニー」も無く外国の披露宴のようにとてもスマートで
いつまでも心に残る披露宴だった。
 

M & S Wedding Party #2

披露宴でずっと話題になった「被災していない関西でできることのひとつ・・・」
 
何でも自粛することなく出来る限りいつもと同じように働き、買い物をし、食事に出かけ
私達関西が経済を動かさなくてはいけない。
東日本が動いていない今、西日本が頑張らないと本当に日本が沈んでしまうと。
披露宴に参加できお二人の新しい人生の門出をたくさんの方と祝福でき、
皆でこれから頑張らなくてはと話し合えたことを新郎新婦に感謝したい。
 
 
ウェデイングマガジンから出てきたように綺麗でかわいくて、
着物姿とヴェラ・ウォンのドレスを着た彼女をずーっと見ていたかった・・・
 
S & M Wedding Party #3

2011年3月20日 日曜日

コメントをどうぞ