綺麗のはじまり。それは、食への”こだわり”から。Yuko

初もん

早松

今年の初もん 山口県産の「早松」

「早松」と書いて「さまつ」と読みます。
早松とは、梅雨の時期に長雨で山の気温が下がり、秋と間違えて生えてくる少しおっちょこちょいな松茸のこと。
先日の長雨で勘違いして出てきた、走りも走りの松茸。

粋なお客様は、そんな希少な「早松」を、この時期楽しみに待っておられる。

昨夜のお客様には「早松と神戸牛のすき焼き」と、「早松うどん」にして召し上がっていただきました。

「キュッキュッ」と、早松に包丁をいれている音が耳に入ってくると間違いなく美味しいサイン。
もちろん今夜も聞こえましたよ、美味しい音が。

少し味見をしたら口の中が「秋」になり、夏もまだなのに秋が恋しくなりました。

今年もまた松茸のおじさんと私の戦いの始まりです。
希少でとても高価な早松。キズもんなどなかなか無い!

それでも!
「これは売り物にならんなぁ~すき焼きにして食べ」と言ってくれそうな早松をジ~ッと見ながら「これ~売るの?」と言わんばかりに上から目線攻撃をしてみようか。

それには、雨が降らなければ戦えません。

2011年6月3日 金曜日

コメントをどうぞ